ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

2010年07月

小規模高齢者アパートでの独居老人世帯安否確認システム-管理人室の電話1回線を使って複数のお部屋の安否を確認します。


小規模アパートでの独居老人世帯用安否確認システム

小規模高齢者アパートでの独居老人世帯用安否確認システム。

各部屋のトイレなどに設置した安否確認センサーが、12時間に1回もドアの動きを確認できなかった場合、管理人室の電話回線(1回線)を共有して、管理会社や大家さんの携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。

健康にすぐれない一人暮らしのご家庭に。独居老人世帯の安全対策に。

既設の電話回線を緊急通報の際に一次的に使うだけですので、
別途月々の管理費は要りません。



小規模アパートでの独居老人世帯用安否確認システム

安否確認センサー
トイレのドアに安否確認センサーを取り付けます。
無線発信器内蔵 電池式。

12時間の間に1回もドアの開閉信号(センサー感知)が送られてこなかった場合には、管理人室の警報機に予め登録された携帯電話番号へ、自動的に緊急を報せる音声アナウンスを流します。


複数のお部屋の安否確認の自動通報を、管理人室の電話回線1本で行います。
メインの警報装置は管理人室に設置。

各部屋の安否センサー、外泊スイッチを設置します。


安否モードのON/OFF操作は、各部屋毎の外泊スイッチで行います。
小規模アパートでの独居老人世帯用安否確認システム

外泊スイッチ
旅行などで家を長期に空ける場合は、 外泊スイッチを押して、安否確認システムを停止できます。
電池式、ネジで設置。


安否確認センサー、外泊スイッチから管理人室の警報機までは、
微弱無線で連絡を行います。

管理人室の電話を使って、複数のお部屋の安否確認を1システムで行います。
管理人室の警報機には、異常のおきた部屋を識別できる赤色LEDを追加加工できます。

小規模アパートでの独居老人世帯用安否確認システム

各種設備の無電圧接点信号を受けて、電波で離れた場所にある受信機へ自動通報、指示を受けた受信機のスイッチから無電圧接点信号が自動出力されます。




無線式の送信機に接点信号が入力されると電波を使って自動通報します。
微弱無線式接点信号転送スイッチ.

送信元~受信機までの通信距離10~20m前後。




無線送信機

無線送信機 電池式

無線送信機を各種設備装置の接点出力端子に接続、固定します。
各種機器の無電圧接点出力信号(無電圧a接点信号)を受けて、無線接点スイッチに無線通報(微弱無線)します。


無線送信機

無線送信機 電源AC100V式





無線接点スイッチ

無線接点スイッチ(微弱無線受信機+接点出力機能)

無線送信機からの微弱無線による指示で、内蔵の接点リレーをONにします。
回転灯など有線式警報機と接続する事で、無線指令で機器を動かす事が出来ます。

送信機~無線接点スイッチまでの電波通信距離
10~18m
※但し設置環境により変わります。

接点出力:右の写真、接点スイッチ内
1-2番 a接点出力(警報時に内蔵リレー短絡)
3-4番 a接点出力(警報時に内蔵リレー短絡)

警報時間:無線送信機側のON/OFF信号に連動。
電源:AC100V

ブザーは無し。

微弱無線式接点信号転送スイッチ
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ