道幅が狭くて、曲がりくねった見通しの利かない山道、林道で、
反対側から近づいてくる車の接近をセンサーで感知、
パトランプ、回転灯を回してしらせます。

赤外線センサー計2台を使用して進入方向を識別、
電源ケーブルを数百mのばして離れた場所、見通しの利かない場所に
回転灯を設置します。

センサーが車を検知すると、離れた位置で回転灯が一定時間駆動して、
車両の接近をほかの車や歩行者、自転車に報せて注意を促します。

ソーラー電源方式、AC100V電源方式の2種類をご提案できます。




ソーラー電源式トラック車両出入り回転灯警告システム

センサーを配置した工事現場の出入り口に車やトラックが近づくと
自動的に回転灯を回して出入り口付近にいる人や車に車両の接近を報せて注意を促します。
工事現場、駐車場、公園など車両の出入りする危険な場所や車の立ち入り禁止区域での警告注意に。
ソーラー電源方式。電源工事が要りませんので取付簡単です。
工事車両出入口の警報、駐車場出入り口の注意喚起、交通事故防止対策、労働災害防止に。