ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

ボタン

回転灯付き移動特定小電力無線受信器+押しボタン無線送信機の組み合わせ。作業場や構内を移動しながら緊急連絡に使用出来ます。


押しボタン付き特定小電力無線送信機
ボタンの押しやすい位置に設置固定します。
作業中の機械の異常、工場や作業現場で社員の方が体調を崩した時、不審者の侵入などの緊急スイッチに利用できます。



移動式特定小電力無線受信器。電源AC100V。
工場や屋外の作業場、大きな船の甲板などで
電波の届く範囲内で移動しながら使用出来ます。
送信機からの電波を受信すると回転灯がまわります。
回転灯停止ボタン付き。


住宅内で押しボタン式呼びだしボタンを押すと無線の遠隔操作で外で点滅ブザーが作動します。





防水タイプの据え付け式緊急ボタン。
電池式。微弱無線送信機内蔵。
会社の受付、事務所、相談室、教室などに。
電源の無い場所。屋外でも取り付け可能。


(微弱無線 10~20m)




無線式フラッシュブザー(無線受信機内蔵、ランプの点滅+100デシベル警報ブザー)
無線式非常通報ボタンを作動させると点滅しながら100dbの警報音が鳴りはじめます。 警報音は、非常通報ボタンをリセットすると自動的にストップします。


無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)

非常ボタンを押すと数百m離れたや回転灯などが作動、周囲に注意を促します。


無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)
工場や作業場、各種店舗などでご利用いただいております。
非常ボタンを押すと数百m離れたや回転灯などが作動、周囲に注意を促します。
長距離型無線の緊急呼び出しシステムです。
-特定小電力無線-



押しボタン付き特定小電力無線送信機
数百m離れた受信機へ直接送信します。



特定小電力無線受信機(長距離無線)。
遠隔送信機からの電波を受信して、
75dbの警報音を鳴動させます。

受信機には無電圧a接点出力端子を増設する事ができます。
各種回転灯(アロー社製、パトライト社製など)やブザーなどを接続して作動させることも可能です。
電源:AC100V(家庭用コンセント)


無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)

小学校の各教室に他の先生や職員室に音で知らせるような無線緊急ボタンをつけたいのですが?




各教室に微弱無線送信機内蔵の非常ボタンを設置します。

教室の非常ボタンが押されると、
近くの廊下に設置された無線式フラッシュブザーが点滅鳴動。
周囲の部屋に異常事態を報せます。

上のイメージ図では、教室3部屋毎に1つのフラッシュブザーをグループ化しています。
非常ボタン~フラッシュブザーまでの通信距離は10~18m。
通信可能距離は建物構造により変わります。


学校の校舎の場合、鉄筋コンクリート造りの建物が多く、
電波が遠くまで届かない場合が多くなります。
直接電波(無線方式)で異常を報せるのが難しくなります。

特に、教室(発信先)と職員室、宿直室に階差がある場合には、
事前に通信テストを行うなどの十分なテストを行わないと行けなくなります。


上のご提案ですと、同一フロアの教室を3部屋つづにグループ化し、
共用部の廊下で大きなブザー音を発し、周囲の教室や先生、職員に異常を報せるシステムです。


学校校舎の場合、鉄筋コンクリート造りの場合が多いですので、
100dbの警報ブザーも廊下を反響して、
遠くまで聞こえる場合もあります。







固定式無線式非常通報ボタン(電源:コンセント式)
ボタンを押すと無線で異常を通報します。
屋内用。
サイズ 縦:約122mm×横:83mm×厚:30mm
電源:AC100V(家庭用コンセント)




無線式フラッシュブザー(無線受信機内蔵)
無線式非常通報ボタンを作動させると、
点滅しながら100dbの警報音が鳴りはじめます。
警報音は、非常通報ボタンをリセットすると自動的にストップします。
各機器との無線通信距離は平均10~18m。
※通信距離は建物構造により変化します。
無線式非常通報ボタンは最大20個まで登録して使用できます。



無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)


各種の無線通報機能付き非常ボタンを押すと離れた場所で警報が作動します。
数十m離れた場所に設置した無線式フラッシュランプやブザーが作動して周囲に異常を報せます。
無線機器を使いますので、ボタン~ランプまで面倒な配線工事は必要ありません。




職員室、校長室までを監視エリアに入れたイメージ図。






複数個の非常ボタン(押しボタン)が押された時、数百m離れた受信機で識別用の回転灯、ランプを点灯します。




移動式の無線式非常リモコン(ブローチ型)を複数個使用、
数百m離れた受信機で、非常リモコン識別用の回転灯を作動します。

遠隔受信機は、遠隔送信機に埋め込まれたDI番号で
どの送信機の発報かを識別し、 それに対応した色のランプを点灯させます。




ブローチ型
ピンで衣服に付ける無線式非常ボタン。
下側のピンを抜くと微弱無線を発します。
電源:電池式




固定型非常通報ボタン(無線方式)
ボタンを押すと、微弱無線を発します。
ネジや両面テープで固定します。
電源:AC100V




積層式LED表示灯
各接点信号に対応した色の部分が点灯します。
どの機械の異常かを識別できます。
左横の小さなケースは外部受信アンテナユニット。
電源:AC100V




無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ