ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

ポケットベル

呼び鈴を押すと電話回線を使って管理人の携帯電話へ自動的にアナウンスを流します。電話を使った無線呼び出しシステム




呼び鈴を押すと自動的に登録された携帯電話などの電話番号へ自動的にアナウンスを流します。
電波の届かない建物内での管理人や遠くにいる担当者の呼び出しに。
お手元の固定電話回線を使って通報しますので月々の管理費用はかかりません。
マンションの管理人や担当者の無線呼び出しに。



無線呼び鈴
無線発信器内蔵 電池式
ネジや両面テープで固定します。



自動電話通報器
呼び鈴が押されると電話通報機が予め登録された電話番号へ自動連絡をはじめます。
電話通報機はお手元のアナログ電話回線、isdn回線、adsl回線
のいずれかの電話回線に繋ぐことが必要となります。

電話通報機の通報先呼び出し時間の設定機能
1秒間(※ワンギリ)、30秒間(初期設定)、60秒間、90秒間

リダイアル回数調整機能
0(リダイアル無し)、3回(出荷設定)、10回のいずれかを選択できます。

(例)
通報先電話番号1箇所(携帯電話)+呼び出し時間30秒+リダイアル無し。
呼び鈴が押されると、
登録された携帯電話に30秒間コールを行い
自動的に通報を終了します。



電波の通りにくい鉄筋コンクリート造りのマンションでの管理人の呼び出し





電話回線を使った無線呼び出しシステム

シルウオッチtype2の送信器に押しボタンを追加する事ができますか?

できます。


シルウオッチの送信機には、
予備の押しボタン(呼び鈴)を追加する事ができます。





本体の押しボタンを押した時と、
予備のボタンを押した時に液晶に表示されるメッセージを変える事もできます。




上の例

送信機本体の黒い押しボタンが押された場合
受信機の液晶に【ハンチョウ】と表示。

追加された押しボタン(呼び鈴)が押された場合
受信機の液晶に【リーダー】と表示。

液晶表示付き携帯型無線呼び出しシステム-シルウォッチType2

どこから呼び出されているか液晶表示できる構内用のポケットベルはありませんか?シルウォッチType2


シルウォッチType2


呼び出しと液晶メッセージの表示例



携帯型光受信器
光/振動/文字/音で呼び出します。
アラーム音、振動と同時に操作ボックスからのメッセージを液晶表示します。


操作ボックスのボタン1に【ハンチョウ】と登録。
→ ボタン1を押すと受信機の液晶画面の【ハンチョウ】と表示されます。


操作ボックスのボタン2に【リーダー】と登録。

ボタン2を押すと受信機の液晶画面の【リーダー】と表示されます。


操作ボックスのボタン3に【ブチョウ】と登録。

受信機の液晶画面の【ブチョウ】と表示されます。


ボタン4【カイギシツ】

ボタン4を押すと
受信機の液晶画面の【カイギシツ】と表示されます。


複数のメッセージを予め登録し、
ボタン一つで10通りのメッセージを液晶付きシルウオッチ受信機へ一斉配信する、
という運用が可能です。


操作ボックスは、10個のボタンに事前にメッセージを登録しておき、
ボタンを押すだけの受信機を呼出できる機器です。



サイズ:約20?(横)×12?(縦)×7?(厚)
操作ボックスには1台の押しボタン送信機を接続して使用します。




腕時計型受信器
振動(バイブ)と文字で呼び出します。



液晶表示付き携帯型無線呼び出しシステム-シルウォッチType2

工場などの大きな構内で社員の呼び出しに使用できるポケットベルは?どこから呼び出されているかを識別したいのですが?シルウォッチType2




シルウオッチの送信機には、
それぞれ異なったメッセージを登録する事ができます。
10文字以内で、それぞれ別々のメッセージを送信機に登録する事ができます。
液晶に出てくるメッセージの内容で、どこからコールされているか、
識別できるようにできます。





受信機の液晶に表示されるメッセージは送信機側で制御されます。
異なった送信機を複数台利用して、
受信機側でどの送信機からの呼び出しかを識別する事ができます。




液晶に表示されたメッセージで、
どの送信機からの呼び出しか、識別する事ができます。
メッセージ内容は、カタカナ・数字・アルファベットを自由に組み合わせ。
表示は5文字のスクロールで10文字表示です。

騒音が激しく、機器の信号音が聞こえない場所。
静寂を必要とする場所での呼出しに。
難聴者や聴覚障害者の働く現場での連絡。
娯楽施設や公共施設、映画館、劇場、図書館、美術館や博物館などに。


携帯型無線呼び出しシステム、シルウォッチType2

接点信号(無電圧a接点)を受けて自動的に携帯受信機を呼び出します。液晶表示でどの送信機からの呼び出しかを識別できます。


携帯型無線呼び出しシステム シルウォッチType2
腕時計型受信器および携帯型光受信器を振動・文字・光で呼出します。

呼び出された際に液晶に表示される文字は、
御注文の際、送信機毎にご希望のメッセージを登録させていただきます。
※メッセージは送信機に登録します。

送信機が複数台ある場合、送信機毎に異なったメッセージを登録すれば、
呼び出しを受けた際、受信機の液晶画面に表示されたメッセージを見ることで、
どこからの呼び出しかを確認することができます。


受信器に表示する液晶の文字は、
アルファベット、カタカナ、数字の組み合わせで
5文字ずつ反転、10文字表示ができます。
※濁点も1文字として表示されます。



各施設・事業所・工場などでの緊急連絡、呼出、生産ラインの管理など
通信機器として様々なニーズにご提供できます。


携帯型光受信器
光/振動/文字/音で呼び出します。



腕時計型受信器
振動/文字で呼び出します。



送信機
呼び出し用のボタンが標準で付いています。

シルウオッチの送信機は、無電圧a接点入力用のリード線を追加することができます。
機械信号などを受けて、自動的に腕時計型受信器および携帯型光受信器を呼び出すことができます。

※接点入力による呼び出しメッセージは、”ゲンカン”となっております。
御注文の際は、ご希望のメッセージに変更させていただきます。


接点信号用のケーブルをつけた写真。


携帯型無線呼び出しシステム-シルウォッチType2

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ