ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

リレー

1階の受付に押しボタンを設置し、3階の事務室にパトランプを設置したい場合、無線でいい方法はありますか?

無線機器の通信距離は、どうしても建物構造により変化いたします。
特に、鉄筋コンクリート、鉄骨造りの建物の場合、通信距離がかなり短くなってしまいます。
堅牢な建物の場合、1階から3階へ、直接電波を送信するのは難しいかもしれません。


階段室に中継機を設置


その場合、廊下や上下吹き抜けになっている階段室などに無線中継機をして、
迂回して電波を飛ばしますと、通信距離を伸ばすことができます。
※途中で防火扉などがあると難しいです。


1階受付に無線通報式緊急押しボタン

廊下、階段室
※必要に応じて無線中継機を設置します。

3階の事務室
ブザーの鳴る受信機は室内に設置。
受信機からケールで伸びる外部受信アンテナを廊下に出して設置し、
電波を拾いやすいようにします。


無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)




階段室に中継機を設置

接点信号を無電で3階へ通報する場合。

複数台ある携帯式無線送信機のどれが作動したかを識別し、それぞれ違う色の回転灯を点灯させます。構内用携帯型無線式緊急通報システム




送信機から受信機までの通信距離 100~300m。





携帯式緊急無線送信機(ピンスイッチ型)
底部のピンを引き抜くと、非常通報が作動します。
無線で受信機へ異常を通報します。
腰のベルトに固定する携帯電話サイズ。
ベルトに固定するホルダー付き。






緊急無線送信機から電波を受けて、ブザー音が鳴ります。
さらに、送信機毎に別々の接点信号を出力し、
送信機毎に違う色の回転灯、ランプを点灯させます。
※受信機は改造が必要となります。ケースも少し大型のものに変更となります。



ピンを抜くだけで警報が作動、校庭でも直接無線で異常を報せます。
工場や大型ホール、駐車場やイベント会場での無線呼び出しにもご利用いただいております。
長距離型無線呼び出しシステムです。
-特定小電力無線-

構内用携帯型無線式緊急通報システム

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ