ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

農作物

夜間頻繁に畑作物の盗難被害に遭って困っています。防犯システムを探しております。

電源の無い畑に防犯センサー、ワイヤーセンサー等、
いずれかのセンサーを設置して、
充電式警報機(警報音無し仕様)より通報受信を受け、
確認後に警察に通報。
上記の様な防犯装置を検討しております。

最適なシステム構成のアドバイスを頂ければと考えております。
もちろん見積もりもお願いします。


○○○


さっそく写真と合わせまして検討をさせていただきましたが、
メインのシステムといたしましてはやはり
バッテリ駆動式の通報システムがおすすめではないかと思います。

http://www.anzentaisaku.com/okugaikansi-keitai/index.htm
警報機本体のブザー音はカットして
通報機能のみに絞り込んだものも製作する事ができます。


畑の敷地が広く、どこからでも敷地に侵入できる感じですと、
敷地全体をぐるっと取り囲むように防犯センサーを配置するのは難しい場合があります。

また、使用する防犯センサーですが、
赤外線センサーを使用しますと小動物や鳥、強風(温度変化)などで
かなり誤動作が出る事が予想されます。

本システムで使用できるセンサーの中で、
横揺れセンサーというセンサーがございますが、
これを便宜的にワイヤーセンサーのような使い方をしまして、
畑の中を歩き回る不審者の足に糸がひかっかかると通報が行われる、
というセンサーの配置しかないように思われます。




市販のL字型ブックスタンドに横揺れセンサーを固定し、
石などで軽く鉛直方向に固定します。


ブックスタンドの上の部分に釣り糸の縛って、
緩みの出ないように人の侵入しやすい場所に張り巡らして固定します。
警戒モード中に人が釣り糸に接触、
糸が引かれて横揺れセンサーが傾いたり、倒れたりすると
警報機の警報が作動します。

木の杭に釣り糸を巻き付けて固定し、
畑のネットの内側に数カ所張り巡らす、という感じになるかと存じます。

センサーが感知すると、警報機本体の中の携帯電話を使って
異常を通報する流れとなります。


バッテリ駆動式緊急通報システム

横揺れセンサーを使った簡易的なワイヤーセンサー、人の足が糸に引っかかってセンサーが傾くと警報が作動します。

横揺れセンサーを使った、簡易的なワイヤーセンサー(運用例)
警戒エリア内の釣り糸などを張り巡らし、糸が引かれてセンサーが傾くと警報が作動します。




屋内用の横揺れセンサー(電池式)
市販のL字型ブックスタンドに横揺れセンサーを固定します。
ブックスタンドの上の部分に釣り糸の縛って固定し、緩みの出ないように監視エリア内に張り巡らして固定します。
ブックスタンドの足の部分に重しをのせて、センサーが揺れないように固定します。
警戒モード中に人が釣り糸に接触、糸が引かれて横揺れセンサーが傾くと警報が作動します。


屋外用の横揺れセンサー(電池式)
資材置き場、農場、果樹園などの不審者の侵入監視に。


横揺れセンサーを利用できるセキュリティシステム


事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム(屋内用)



携帯電話通報機能付きワイヤレス機械警備システム(屋外用)-現地に電源のある場合





屋外防犯監視用バッテリ式自動通報システム-現地に電源の無い場合



太陽電池式機械警備システム(屋外用)-現地に電源の無い場合



最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ