ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

追突防止

工場や倉庫の構内交差点での追突防止。重機設置用電波発信機+回転灯付きリフト接近警告装置の組み合わせ。無線式重機接近警告アラームシステム3





重機設置用電波発信機。
構内を移動する作業中のフォークリフトや重機などに
マグネットベースで固定します。
裏側のスイッチを入れると電波を送信し始めます。
電池駆動(単3電池2本)
電波が周囲に飛びやすいフォークリフトの屋根などに。


(微弱無線 3~15m)




固定式回転灯警告受信機。
電波発信機を取り付けた重機やリフトが近づくと自動的に回転灯を作動させて周囲に注意を促します。
重機、リフトとの距離が離れると回転灯は自動停止します。 ケース内に感度調整ダイヤルあり。電源:AC100V。
リフトの追突の可能性のある交差点や通路、出入り口などに設置します。



無線式重機接近警告アラームシステム3

工事現場の出入り口に近づいてくる自動車をセンサーで感知してパトランプでしらせることはできませんか?

可能です。

近づいてくる車両を感知すると離れた場所で回転灯を回して車の接近を報せます
2台の赤外線センサーを使って近づいてくる車両のみを感知して、
離れた場所で回転灯を作動させて車の接近を出入り口付近の人やトラックにしらせます。

左右間隔をあけた2つのセンサーの前を車が通過すると、
コントローラーで車の進行方法を識別し、
接近してくる車のみを感知、回転灯を回転させます。
回転灯の作動時間はコントローラー内部の調節つまみで調整できます。

屋外用赤外線センサー
屋外用赤外線センサー


電源供給用太ソーラーパネル
電源供給用太ソーラーパネル。

警報機本体(コントローラー)の電源はソーラー電源方式。
AC100V電源方式(家庭用電源)の2種類を製作できます。


ソーラー電源式トラック車両出入り回転灯警告システム

構内を動く回るフォークリフト、車両が壁や商品に接触するのを警告するシステムはないですか?

比較的ゆっくりとしたスピードで走る車や車両が壁などに接触するのを防ぐシステム

簡易的なワイヤーセンサーを、
比較的ゆっくりとしたスピードで走る車や車両が壁などに接触するのを防ぐシステムとして
利用することができると思います。


ワイヤーセンサー
弛み無く張り巡らされた電線ワイヤーが引っ張られたり断線すると
100dbの警報ブザーを鳴らして注意を促します。


電線ワイヤー
電線ワイヤー。1本長さ10m。
ワイヤーとワイヤーと繋ぎながら長さを調整していきます。
ワイヤーの弛みをとるためのホルダ付き。


ワイヤーセンサー
金具や滑車でワイヤーが弛まないように支持してください。
ワイヤーはUターンしてくるので長さの半分先まで引っ張れることになります。



電池式ワイヤーセンサー

無線式押しボタン送信機のボタンを1回押すと無線で離れた回転灯を指定された時間だけ駆動することができます。

無線式押しボタン送信機のボタンを1回押すと、
無線で離れた回転灯を指定された時間だけ駆動することができます。
付近の歩行者や自転車などへ、工事現場や建築現場から出てくる
トラックやダンプカーなど作業車両の存在をしらせます。



ボタン送信機の押しボタンを押すと100~300m離れた回転灯が作動します。
送信機~受信機までは無線信号でやりとりしますので自由にエリアを設定できます。
長距離型無線呼び出しシステムです。-特定小電力無線-



据え置き式押しボタン送信機
自動復帰型押しボタンスイッチ
リセットボタンのような押しボタンです。
ボタンを押して、手を離すと、バネでボタンが押し戻されます。
ボタンを押すとワンショット信号が受信機に送信されます。





特定小電力無線受信機。

押しボタン送信機からの電波を受けて、 回転灯を作動させます。

電源:AC100V
受信機、回転灯へ電源を供給します。

受信機の中には回転灯駆動時間設定用のタイマー回路内蔵。
押しボタン送信機からの電波を受けると
予め設定された時間だけ、回転灯が駆動します。

-動作例-
押しボタンが1回押されると、回転灯が30秒間駆動します。
その後回転灯は自動停止。


屋外設置用の回転灯


タイマー駆動式長距離無線回転灯警告システム(特定小電力無線)

トラックやダンプカーの運転席から屋外のパトランプのオンオフを無線操作を行います。



トラックやダンプカーの運転席から屋外の回転灯のオンオフを操作を無線で行います。道路を歩行中の歩行者や自転車などへの注意喚起、交通安全対策に。





電池式の持ち運び式押しボタン送信機は、
ソーラー電源受信機のよく見える運転席のダッシュボードの上に置きます。
ガラスは電波をよく通します。
送信機の押しボタンを押すことで受信機へ無線で自動通報します。
最大見通し100~300m先まで通報が可能です。



ソーラー電源受信機
特定小電力無線受信機。

固定式押しボタン送信機からの電波を受けて 回転灯を作動させます。
受信機は防雨ケース収納。

電源は太陽電池。受信機、回転灯へ電源を供給します。

受信機の中には回転灯駆動時間設定用のタイマー回路内蔵。
押しボタン送信機からの電波を受けると
予め設定された時間だけ、回転灯が駆動します。

-動作例-
押しボタンが1回押されると、回転灯が30秒間駆動します。
その後回転灯は自動停止。

※AC100V電源式、DC12V電源式、DC24V電源式も製作できます。




直径12センチパワーLED回転灯。
ソーラー電源式受信機に有線接続して使用します。





タイマー内蔵型ソーラー遠隔回転灯警告システム(特定小電力無線)
移動式の押しボタン送信機の操作で、指定された時間だけ回転灯を駆動することができます。
回転灯の電源はソーラー方式。電源の無い場所に回転灯を設置できます。
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ