ホームセキュリティ、無線呼び出しシステム、事務所用機械警備、設備監視システム、省力化システムの導入設置例、技術

ホームセキュリティ、事務所用機械警備、無線呼び出しコースシステム、パトランプ設備監視、緊急ボタン、無線警報機。工場や作業現場での労災防止システム、1人作業時の安全対策の技術提案。防犯グッズの導入例、ソーラー電源太陽光電源の警告システム。ランニングコストのかからない自主機械警備システム。イラストと動画。日本製のシステムにこだわっています。※内容の無断転載、画像への直リンクはお断りします。

片開きドアや窓に雷神ホームセキュリティの無線開閉センサーを取り付けます。

無線式開閉センサーの外観

無線式開閉センサー
磁石と対になっています。センサー本体の白い矢印部分に磁気センサーが内蔵されています。
磁石と磁気センサー部分が1センチ以上離れると、センサーは扉が開いたと認識してコントローラーに無線信号を送ります。


片開きドアに取り付けるイメージ図
片開き扉に無線式開閉センサーを取り付けた写真。扉を閉めると磁気センサー部分に磁石が密着するように扉に貼り付けます。


片開き扉に無線式開閉センサーを取り付けた写真


ドア(動く方)に付属の両面テープで磁石を貼り付けます


1.ドア(動く方)に付属の両面テープで磁石を貼り付けます。
※両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。

開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します


2.開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します。

互いに触れない程度にできるだけ接近させてください。センサーは縦に設置してください。
開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します



3.ドアが開くとセンサー本体と磁石が離れ、開閉センサーが反応状態になり電波が送信されます。
その際に中央の送信確認ランプ赤色LEDが点滅しますので確認してください。



雷神ワイヤレスホームセキュリティ
月々の管理費用無し-雷神(らいじん)ワイヤレスホームセキュリティ

専用の無線式防犯センサーが侵入者を感知すると強烈な音による威嚇と携帯電話やスマートホンへの緊急通報を行う事ができます。
月々の管理費用不要の買い取り式防犯セキュリティシステム。住居、事務所や店舗にご利用いただけます。

雷神ホームセキュリティの無線式開閉センサーの取付方法

結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。
開閉センサーの位置はクレセントの鍵から離れた場所が防犯上おすすめです。

ガラス面にマグネットを貼り付けてください。


両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。

マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の
外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。


マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます


マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます。

開閉センサー本体の接触部分とマグネットの間の隙間が1センチ以内になるように、

開閉センサー本体をもう一方の内側のサッシの側面部分(クレセント取付面)に
付属両面テープで貼り付けます。

マグネットとセンサーはぶつからない程度にできるだけ近づけてください。センサー本体は縦に設置してください。


マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます

窓が開いたときに、開閉センサーとマグネットが離れるようにセットします。



雷神ワイヤレスホームセキュリティ
月々の管理費用無し-雷神(らいじん)ワイヤレスホームセキュリティ

専用の無線式防犯センサーが侵入者を感知すると強烈な音による威嚇と携帯電話やスマートホンへの緊急通報を行う事ができます。
月々の管理費用不要の買い取り式防犯セキュリティシステム。住居、事務所や店舗にご利用いただけます。

月々の管理費用無し-雷神(らいじん)ワイヤレスホームセキュリティ

専用の無線式防犯センサーが侵入者を感知すると強烈な音による威嚇と携帯電話やスマートホンへの緊急通報を行う事ができます。
買い取り式防犯セキュリティシステム。住居、事務所や店舗にご利用いただけます。

雷神ワイヤレスホームセキュリティ

事務所や店舗への泥棒の侵入を防犯センサーが感知すると100dbの警報ブザーで威嚇します。
追加オプションの自動電話通報機を利用すると、スマートホンや携帯電話などへ侵入を報せる音声アナウンスを流す事ができます。


月々の管理費不要。取り付けも簡単です。防犯センサーの追加も簡単です。

本製品は買い取り商品です。警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
セキュリティシステムのコスト削減、経費削減に。価格比較。

信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て、開発が行われている商品です。



無線式開閉センサー
扉や窓の開閉を検知しコントローラーに信号を発信します。
磁気センサーを使っています。
付属の磁石とセンサー本体が1センチ以上離れると、扉や窓が開いたと認識します。


赤外線センサー
監視エリア内で人間や動物などの温度差を持つものが動き回るとセンサーが感知します。
金庫室、事務所、社長室、その他夜間無人になる店舗にもおすすめします。 ワイヤレスなので、ご自分で自由に監視場所を変更できます。



コントローラー
防犯センサーからの異常信号を受けたコントローラーは警報ブザーを3分間作動させます。
ブザーの鳴動時間は侵入者にとって人に見られるリスクを負ってまで侵入することを断念させるに充分長い時間であり、高い防犯効果が得られます。

センサー、モード切替リモコンは後日に簡単に追加できます。

センサー、リモコンとの通信距離:10m~15m
※通信距離は建物の状況により変化します。

警報音量:約100dB(固定式)
警報時間:約3分間。1~15分間の間で長さの調節可能です。



追加オプションの自動電話通報装置、ショートメール自動通報装置を使って、
警戒モード中にセンサーが作動すると指定の携帯電話やスマートフォンに通報できます。


自動電話通報装置を使って緊急通報をするイメージ図


ショートメール自動通報装置を使って緊急通報するイメージ図



月々の管理費用無し-雷神(らいじん)ワイヤレスホームセキュリティ-事務所や店舗、ご家庭の防犯対策に。

ISDN、ADSL、NTT光話回線と電話機、買取式高齢者安否確認の接続イメージ図。

モデム、ターミナルアダプタに空きのアナログポートが無い場合。
モデム、ターミナルアダプタのアナログポートを二叉ソケットを使って2つに分けて、一方に電話機やファックス機、もう一方に安否確認自動通報機を接続します。




緊急事態発生の際に元々ご家庭に引かれている電話を使って1回10円~~20円程度の電話料金で予め登録された電話番号に機械が自動的に電話をかける利用イメージとなります。専用の通信回線や電話回線は必要ありません。


月々の管理費用不要、買い取り式一人暮らし高齢者安否確認システム
長時間に渡って住宅内に設置した人感センサーが一度も人の動きを検知できない時に、
体調不良で倒れているのではないかと機械が判断、
ご家庭の電話回線を使ってご家族の方の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ